FC2ブログ
ちっこいハナとでっかいアルの日記。 他にもエキストラが居るかも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妹からの手紙を受け取ったものの、急遽バストゥークへ行くことになって帰れそうも無くなった僕です。
父の知り合いが仕事を手伝ってくれる人を捜していると聞き、少し街の中で仕事がしたくなった事もあって行くことにしました。お給料も良いそうです。

出発の前、ジュノのShiroroさんにお願いして、妹へ星芒祭のプレゼントを届けて貰うようにお金を渡してきました。
手紙が間に合わなかったので、後から送る事になりましたが、兄は元気です。
それが伝われば少しは安心してもらえると思って。

絵はがき
バストゥークの街も今とても綺麗です。
春先には帰れたらと思っています。
それまでもう少し、待っていて下さい。

僕がバストゥークで何をしているかを書き添えて、ハガキを送ってから一週間も過ぎた頃。
妹から小包が届きました。
中に入っていたのは魔法の掛けられたメモリーカードでした。それからお金まで。
このお金は、大事に貯金させて貰います。いつか目的を果たす時まで。

さて、カードを開くと中から妹と友人カーの映像が始まりました。

ビデオレター
……は?
って、Shiroroさん何送ったの!?
驚かせたかったから、カーに届けて手渡して貰う様にしたけど、一緒に見て恥ずかしくなるモノってナンナンダー!!!!

気になって気になって仕方ないけど、取りあえず仕事が片付くまでの数日間を我慢して、僕はジュノへ飛びました。
港から上層へ駆け上り、Illmidaさんのお宅へ。

「頼まれたもの、ちゃんと発送しておきましたよ」
と、満面の笑みでShiroroさん。
僕は勇気を出して聞いてみることにしました。

ナナナナンダッテー!?
勝負下着ッテナンデスカ?

「レースとフリルがたっぷりの、女の子の為のゴージャスな赤い下着です。女の子は大事な時にはそういうモノを身に付けなくちゃならないのよ」
力説するShiroroさんの勢いに圧されて、僕はそれ以上なにも言えませんでした。
そういえば今Shiroroさんは恋愛中。
妹に何かしら自分を重ねているんじゃ…と思いつつも、取りあえずお礼を言っておきました。

ああどうしよう、変な兄だと思われたに違いありません。
一緒にカーが見ていたらしいという事も追い打ちかかってます。
もう帰れません
Illmidaさんに慰められて何とか気を取り直し、僕はバストゥークへと戻ったのでした。

嗚呼どうか信じて下さい。
僕はそんな赤い下着を送る様な兄ではありません。

帰った時にはこの誤解を、まず一番先に解かないと、と思った夜でした。

嗚呼……_| ̄|〇
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブログ!ブログ!おいらも書こうかな~とっ
思ったけど、短距離走しかでいないのでアキラメマス。
ときどきイヤ、どきどき見にキマス。
2006/12/28(木) 09:35 | URL | そーとぅ #.zLyGMJk[ 編集]
うほ!ヨウコソー。

年末色々あってレス遅くなりました!
アホブログですが、暖かく見守ってやってくだされ!(;´Д`)ハァハァ
2007/01/01(月) 18:56 | URL | もが #rHat8f7E[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanashmi.blog77.fc2.com/tb.php/42-110d687e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。